本読み日記

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「ライフプラン」があなたの資産を殖やす
「ライフプラン」があなたの資産を殖やす―お金で成功するための55の秘訣
「ライフプラン」があなたの資産を殖やす―お金で成功するための55の秘訣
家計ライフプラン研究会

株式投資
「木は庭に植えず、山に植えよ」毎日新聞の株式欄を眺めて一喜一憂していると、長期に株式を持続することができず、起業のの成長とともに、株式分割などによる持ち株の増加を図ることができません。株式投資の長期保有に関して異論もあると思いますが、これからの株式投資に関して、私は結果として長期保有は大きな利益をもたらすことを確信しています。

| お金に関すること | 16:59 | comments(0) | trackbacks(3)
「お金」はどこに流れるか?
「お金」はどこに流れるか?―常識として知っておきたい日本経済のカラクリ
「お金」はどこに流れるか?―常識として知っておきたい日本経済のカラクリ
おもしろ経済学会


| お金に関すること | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0)
儲け方入門
儲け方入門〜100億稼ぐ思考法
儲け方入門〜100億稼ぐ思考法
堀江 貴文

下積みの苦労など必要ない
今の日本はまさにゴールドラッシュ
こんな夢のような時代にいながら、なんでみなさん我慢してサラリーマンなんかやっているんですかね。僕にはそれが不思議でなりません。
明日のために今日を犠牲にする生き方なんて、僕には考えられないですね。
人生って運気とか、景気の波とかいろいろな要素が複雑にかアルギニン見合って決まりますよね。それでなにかの拍子に、それらがたまたま最高の組み合わせになることがある。こうなったときは、チャンスが向こうから勝手に近づいてきてくれます。あとはこれをチャンスと見抜けるかどうかだけの差でしかありません。僕の場合はインターネットと出会ってすぐ、これは人生最大のチャンスと気づいてすかさずその波に乗り、そのままの勢いでここまで来たようなものです。努力とか関係ないです。人生設計なんて笑っちゃいますよね。
利益率が高くて元手がかからないことをやる。
1千万程度なら誰でも稼げる。
僕はお金にはそんなにこだわっていないんです。
お金って人間の力を表すただの指標ですよ。ただ、指標としては非常に優れている。
誰もがダメだと思って手を出さないことに手を出す。
発想力よりも情報力。他の人よりも情報料が多く情報処理の速度が速いほどお金が儲かる、それが今の時代。結局アイデアだって、その源泉は情報じゃないですか。
実際は3人どころじゃなくて、何百人、何千人も同じことを考えているんです。あなたのアイデアなんてそんなものだと思ってまず間違いないでしょう。
情報はストックせずその場で処理する。情報をストックして整理や分類することにはまったく意味がないので、そんなことは即刻やめたほうがいいでしょう。だいたい、情報を取り込み、それを整理して、あとでレビューするなどというそんなのんびりしたことをしているようでは、とてもじゃないですが現在世の中を流れえる情報量についていけません。
仕事に必要な数字を常に頭に入れておく。決断に時間がかかるということは、決断するのに必要な情報が不足しているんです。
足の速いヤツだけついてくればいい。結局足の速い人間だけで走るしかないんですよ。僕らのような仕事は。
面倒くさいことはしない。
しがらみをつくらない。
寝たほうがいい。
キャッシュフローさえ見ていれば会社はつぶれない。
ファイナンスの知識がないと損をする。
人気が天井のものには手を出さない。
| お金に関すること | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0)
借金国家から資産を守る方法
借金国家から資産を守る方法―資産防衛のプロだけが知っている!
借金国家から資産を守る方法―資産防衛のプロだけが知っている!
前田 和彦

日本は絶対に破綻する
金への投資は意味がなくなってきている
外貨預金ほど場かな投資はない
素人は日本株はやらないほうがいい
人口が減少する国の不動産は上がらない
不動産の実質利回りは低く、素人はできない
財産を海外に避難させるしかない
プライベート・バンク
スイス型プライベートバンクとアメリカ型プライベートバンク
円建ての資産は必要以上持たない
不動産は必要以上持たない
国が悪ければ国を去る
資産を守りながら増やす方法
[動性を重視する
不動産を処分する
生活上必要な範囲での収益不動産以外はすぐに売却する
◆崚蟲 廚任覆効率のよい「投資」を行う
デフレ下では普通預金でよい
資産を保全する
今のところは米ドル

| お金に関すること | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0)
経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ
経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り
経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入り
池上 彰 
株式投資は長い目で考えよう。深入りしすぎるととんでもない損失を生むことがある。株に使っていいお金とそうでないお金をきちんと分ける。
銀行とは戦略的に付き合おう。
いざお金が必要になったときに借りられるのは「メインバンク」から。給料の振込み、公共料金の支払いなど、お金の出し入れをすべてひとつの銀行に集中させる。
「通帳を汚す」
銀行を選ぶ基準は、基本的には「近くて便利」。「自己資本比率」が8%を超えている銀行は信頼できる。
銀行は自己資本比率を高めるために「貸し渋り(=企業にお金を貸すことを控える)」をしたり、「貸しはがし(=企業に貸したお金の返済期間が来る前に無理やり回収しようとする)」をしたり、「国債(=国の借金)」を購入したりする。
銀行も株式会社であり、自社株を大量に発行し、それを売ったお金で自己資本を増やそうとしている。
銀行に対する「公的資金の導入」とは、簡単に言えば、国が銀行に株を発行させて、買い取ること。国が銀行の大株主になること。
不良債権は貸したのに返ってこないお金。処理するためには自己資本を投入しなければならない。
日本銀行は日本国内の「銀行にとっての銀行」
保険会社も銀行と同じように金融機関である。あなたが払いこんだ掛け金で、企業にお金を貸したり、土地を買ったり、国債を買ったりしている。ただ、保険会社には、お金の出入りが銀行に比べて安定しているという利点がある。銀行のようにお金の出入りが激しくないので、長期的な投資が可能。
保険の掛け金。「積み立て」と「掛け捨て」。積み立て型は満期になると、利子がついて戻ってくるが、今のデフレでは低金利。今のところは、低金利ながら満期時の払い戻しに支障はないが、このまま不景気が続くと、保険会社の破綻も考えられ、払い込んだお金の一部が戻ってこない可能性もある。不景気のときは掛け捨ても考える。
保険会社の体力を示すのは「ソルベンシーマージン」=「支払い余力」
「円」を持つリスクもある。今、国はどんどん国債を発行し、それをせっせと銀行が買っている。しかし、国債というのは、国がする借金なので、銀行に売れば売るほど、当然、いずれ返さなければならないお金が増える。世界は、日本の政府のそんな状態を見て、果たして、日本は借金を返済できるのかと心配している。つまり、日本という国のリスクが高まっているという見方をしている。
円が価値を保っている今のうちに、財産の一部を他の国のお金に替え(ドルやユーロ)、預金しておくという手がある。
ドルの価値が下がると、相対的にユーロの価値が上がるという構図になっているので、どっちも持っておけばリスクは分散される。
「外貨MMF」証券会社を通じてドルならばアメリカの、ユーロならばヨーロッパの国債や社債を買って運用する。投資した先の会社が倒産したら、大きな損害を受ける。
年金支払いのためにつみたてられた資金をどう運用するかは、厚生労働省が決め、厚生労働省の監督する「年金資金運用基金」という特殊法人が担当している。
年金制度とは、基本的に、若い人が払ったお金をお年寄りに分配するということを繰り返す制度です。つまり、同世代に生きるお年寄りを、それより年少の人たちが支えるのであって、自分の払った年金が、自分のために積み立てられているわけではありません。
つまり、年金とは国が行う保険のこと

お金との付き合いはあなたの魅力につながる
お金と賢く豊かに付き合う知恵とは、自分を磨く知恵でもある
いつでも自分に一番あったものを選ぶということ
自分が本当に欲しいものを知っている、あるいは自分に一番あった選択肢を的確につかむことができる人は、大変魅力的である。
| お金に関すること | 17:20 | comments(0) | trackbacks(1)
今、やっておくべきお金のこと
20代のいま、やっておくべきお金のこと
20代のいま、やっておくべきお金のこと

お金を貯めるにもセンスが必要。
収入の1割を10年間貯めたら、収入の何割貯まるか → 10割!年収分
車は絶対現金で買う
お金が貯まらない人は、しばらく現金生活してみよう
ネット銀行は、都銀や地銀よりずっと得
コンビニ貧乏をやめよう
キャッシングは身を滅ぼす近道。利息20〜30%。『ナニワ金融道』を読もう。
クレジットカードは2枚まで!3枚以上は管理できない。
お金を貯めたいなら車は持たない
週に1度はケータイをoffに。時間とお金をコントロールする。
好きじゃない仕事からだって得られることはたくさんある!
サイドビジネスには手を出すな!20代は一芸を磨く時。時々、10年後に目を向ける。
口座は最低4つ持つ。
生活口座   →普通預金 
緊急費口座  →銀行の定期預金
取り分け口座 →銀行の貯蓄預金かMRF(ファンド)がよい
殖やす口座  →給料天引きの財形貯蓄や銀行の自動積立定期など

給料2か月分の貯金ができたら、「ネット証券」の口座を作ろう
株入門は、1万円から買えるインデックスファンドから
自己投資しなければ、自分の価値は上がらない
テレビを消して、本を読もう収入の1%を寄付しよう
結婚前は絶対避妊をしよう
3ヶ月以上の同棲は人生の無駄遣い
新聞を読まないやつは、この先、生き残れない
20代で家を買うと失敗する
投資の経験を積もう。少額から始めれば、失敗の痛みも財産になる。

| お金に関すること | 10:24 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE